kangertech subtank レビュー① 開封~OCCコイルでの使用感

2015年1月18日クリアロマイザー, 電子タバコ機器レビュー

2015-01-10-21-32-15

届いてから一週間近く使い込んでますが、モタモタしていると新型のミニやナノが店頭に並んでしまうので
まずOCC使用時の感想を記載しておきます。
RBAモードについては今晩試す予定ではいますがすぐ書くかどうかはわかりません。

まず始めに書いておきますが
コレは凄く美味しいです。大きさにさえ目をつぶれば非常に高性能な製品です。
ミニやナノへが出るため買い控えを恐れてか
安売りを初めている海外店を多数見ますが、あの値段なら恐ろしくコストパフォーマンスが高いと思います。

さてでは
開封からの流れ

2015-01-10-21-32-49
 
まずは赤い箱から引き抜き、中の黒い箱は横に開くという凝った作り。
ちなみに赤い箱のkマークは中身が見えている訳ではなく、タダのデザインであり、印刷です。(ちょっとガッカリ)
2015-01-10-21-33-46
 
OCCコイル(オーガニックコットンコイル)はセットされた状態で届きます。まぁ
ようはオーガニックコットンをウィックに使った大型コイルです。

その他RBAの交換パーツとOCCコイルの替えが一つ。
RBA用の替えのプリメイドコイルとオーガニックコットンは付属します。
そのため初心者は特に何も揃えずにRBAをしばらく楽しめる構成となっています。良心的ですね。
コレを使い終わるまでにカンタル線やコットン類、Ωメーターなどを揃えれば良い訳です。

2015-01-10-21-34-59
 
本体のほかは
22ミリ径への変換リング、RBA用トップパーツ(タンク上部パーツ、ネジ止めパーツを外して交換)、RBAコア
このあたりRBA交換については次の投稿をお待ちください。

2015-01-10-21-36-54

 とりあえずタンクをばらしてOCCコイルを外してみます。
タンクはAspireの装飾タンクとは違いステンレスはガラスの内部になります。
特に保護のない巨大なガラスパーツがむき出しですので、そこは取り扱い注意です。 

2015-01-14-16-20-23
 ちょっとブレていますが
0.5Ωコイルです15-30Wと記載されています
ということは昨今のVW型テクニカルMODは50Wや65Wのものが普及価格帯に出揃い売れていますが 
kangerのタンクでサブΩを楽しむ場合、そこまで出力のない30W代の機種で充分ということになります。
RSST-Cも出力を上げすぎてもいいことがありませんし
案外お値打ちな30W代の製品は初心者にはいいのかもしれません。smok M36等。

2015-01-14-16-20-55
 コイルユニットの穴は広大なので
中が見えます。
ちょっとわかりづらいですが、この画像の向きだと 目 (これもわかりづらい表現ですが)のような向きに
コイルはセットされています。バーチカルタイプではありません。
恐らく案外簡単にリビルダブル出来てしまいそうな雰囲気はあります。

2015-01-14-16-23-18
 
リキッドを入れるとガラスとステンレスの間に液体が入り込んで、間に気泡が出来たりします。
気になる方は振ったりするか、まぁしばらく置いておけば消えます。

あとは吸うだけですがリキッドは念のためコイルが隠れるほど入れていますが
実際の運用時の注意として
コイルのリキッドチャージ用の穴より下回らないようにはしておいたほうが良いかと思います。

2015-01-14-16-20-23

 この横の穴です。
ただし実際運用していると
リキッドがこの穴より下回っても特にコゲるイガるという事は体験していません。
コットンを使用しているためか供給力に不安はありません。
実際使用時には傾きますので
この穴は浸かりやすくなります。
2015-01-18-15-59-04
実際これぐらいまで減っても吸えますが
そろそろ危ないだろうなとチャージを行ったほうが良いかと思います。
これまで手にしてきたkangerのタンクは、底まで見通せず
実際どれ位残っているかはイチイチひっくり返して容量確認していましたが
サブタンクはそこは解消されています。非常に残りが見やすく気を使わず使えます。

では出力に応じた使用感ですが

まず15Wから使えるOCCコイルですがVWのテクニカル機では
そこまで落ちないと思われます。(落ちる機種もあるのかもしれませんが)
2015-01-18-16-01-02

bec proでは本体画面表示は15Wですが
実際は20W付近で止まっているようです。3Vを下回る出力を行わないようにし
電池保護をしていると思われます。
なら本体側も揃えて表示を・・・とは思いますが
あまりの定電圧での出力は電池に良くないということに理解のないユーザーからのクレームを避けるために、
本体表示では指示通り下げているかのように見せかけているのかと思います。

まぁでも下げ過ぎると液晶に警告出せばいいんじゃないかと思いますけどね。

はい、では20W付近です。
これがですね色々と試した後だと物足りない感じですが
充分濃い煙が出ていますし味もRDAほどクリアかどうかという点は怪しいですが
クリアロマイザーの味をそのまま濃くした感じです。
この辺りの出力だとエアフローは1で楽しく使えました。
ただしピーピーと音が鳴ってしまいます。

9eb72e50

25W付近まであげます。
エアフローは2がちょうどいいと思いますが
温かい煙を楽しめます。このあたりからは
味を意識しようとせずとも口内に濃いミストが入ってきますし
暖かめの煙が好きだという方はこのあたりから上の出力でと思います。
ただしOCCコイルは30Wまでなのでココから上のレンジは狭いのですが・・・
このあたりからは
Atlantisのように通電時にバチバチバチと派手に音が出ます
が、Atlantisとは違い口内に飛び込んでくる飛沫は一切ありません。

ae3f59e6
30W です
チェーンしないかぎりはほぼ焦げを味わうことはありませんが
チェーンしすぎるとイガりは出てくることから供給力の限界がこのあたりの出力なのかなと
煙の暖かさは増しましてドリップチップに熱が加わっているのがわかります。
非常に濃厚なミストがドバっと大量に出てきますが
実際のところ
25-30の中間地点の27あたりで使うことが多くなりました。
微妙ですが出力を押さえることで何も気にせずスパスパ吸えるようになりました。

■まとめ
OCCは非常によく出来ていると思います。月末から2月頭には店頭に並ぶと思われますが
サブタンクミニ、サブタンクナノのOCC採用機には非常に期待しています。
ただし、価格が高いので、お安く楽しみたい方は値下がっている今、通常版のサブタンクを買っておくのもありかと思います。
国内店ではhttp://vapepsy.base.ec/ こちらが非常にお安いです。(私のもココで買っています)
在庫限りだそうです。

フルサイズのサブタンクを選ぶメリットとしてはタンクの大きさです。
美味しく楽しめたのが25Wあたりからということで
リキッドの消費量が激しいんですやはり。Atlantisほどではありませんが
近い運用となりますのでこのタンクの大きさは実は有効だなと思っています。
ミニやナノ・・・はどれだけ持つのか?やや不安です。
形状は22ミリでスッキリとしていたり惹かれる面はありますが
実際運用してみると・・・この大きさでいいのかもなと思っています。

RBAの形状がミニは違い美味しいのかどうか、ナノはRBAユニットなしと
一応の差別化はされていますので、登場後どんな評価を受けるかですが
とりあえずOCCについては美味しかったというのが現状のまとめです。
リキッドも減ったことなので今晩RBAユニットへの換装に移ろうかと思います。

2015年1月18日クリアロマイザー, 電子タバコ機器レビュー

Posted by mentholic